夜職知識

「夜職で働くメリットとは?」4年間夜職で働いて分かった夜職の7つのメリット。

どうも、夜職のみんなの味方「夜職博士」です。

今回は「夜職で働くメリット」について話していこうと思います。

もう、今回は一切デメリットは語りません。良いところだけをズラズラと書いていこうと思います。

まず、僕が夜の世界に入って4年程が経ちました。

18歳からスカウトとして働き始め、1年ちょっと違う仕事をしていた時もあるのですが、夜職に関わる仕事をしてからトータルで4年くらい経ったと思います。

今では、ネットの仕事の方が多いですけどこうやって夜職の記事を日々書いているので、特に

「夜職を今から始めたい!」

「夜職で働き始めたけど色々分からない!」

みたいな方に参考になって欲しくて、この記事、いや、このサイトを運営しています。

では、メリットの方をズラズラと書いていきたいと思います。

記事の構成としては

・稼ぐ効率が良すぎる、、、

・時間の融通が効き過ぎる、、、

・コミニュケーションスキルが上がり過ぎる、、、

・人脈が作れすぎる、、、

・有名人と出会い過ぎる、、、

・めっちゃ高いもの買って貰える、、、

・控えめに言って「夜職」最高すぎる、、、

こんな感じの構成となっています、、、構成というかもはや「夜職」に対する惚気ですね。笑

一つずつ説明していきます!

稼ぐ効率が良い

まずは何と言ってもコレでしょう。

みんな稼ぎたいから「夜職」で働くはず。

そして、稼ぐ効率の良さと言ったら、もうピカイチです。

正直、夜職以外で、20歳、21歳そこそこの女の子がこんなに稼げる仕事って他にないんじゃ無いでしょうか。

キャバとかだったら時給4000円で考えて見ても

19-24の5時間働くだけで、単純計算

5×4000=20000 

2万円です。1日2万円ですよ。

ヤバイですよね。

え、ヤバくないって?そんなの普通だって?

もう、それは夜職マジックにかかっているんですよ、、、

夜職を始めると金銭感覚がズレてくるのも、この収入のせいです。

時間の融通が利く

時間の融通が利くところも大きなメリットです。

風俗とかはめっちゃ稼ぐってなると自分の時間はほぼ無くなりますが

キャバでちょっと働くみたいな感じだと

大体お店が始まるのが、19時とか20時なので、それまでの時間は、寝ること以外自由です。

夜職は自由な時間が多いです。ダブルワークしている人も結構います。

というか、夜職が「副業」みたいな感じの子が多いですね。

夜職と昼職のダブルワークはオススメです。

コミニュケーションスキルが上がる

3つ目は、コミニュケーション力がめっちゃ上がる事です。

毎日、毎日、お客様と話すので、コミニュケーション能力が上がらないわけないのですが

具体的に説明すると、空気を読むのが上手くなります。

この能力が上がれば、どんなシチュエーションでも上手く話を進める事が出来て、生きる上でとても大切な能力です。

あとは、盛り上げるのが上手くなります。

人の気持ちを盛り上げるのって、意外と難しかったりするのですが、

さすが、最上級の接客業って感じで、最高の気分になれます(男目線)

良い人脈が作れる

4つ目は「良い人脈が作れる」事です。

これに関しては「良い」だけではないかもしれません。笑

悪い人たちもいっぱいいるので、誰でもかんでも信用してしまうのは辞めましょう。

でも、夜職の特性上、成功した人の話を生で聞けたり、遊びに誘ってくれたりして、外でも良い人脈を作ることが出来るので、

これも、最高のメリットと言うことが出来るでしょう。

有名人と出会える

良い人脈を作れる事に似ているのですが、「有名人」ともめっちゃ出会えます。

キャバクラだったら、普通に有名人とかは来るので、最初は

「うわぁああ、本物だぁあ」みたいになるかもしれませんが

人間慣れる生き物です。正直そんな有名人とかどうでも良くなったって人も多いです。

でも、最初のうちは、ビックサプライズレベルで嬉しい事でしょう。

なので、メリットです!

めっちゃ高いもの買って貰える

7つ目は、めっちゃプレゼント買ってもらえます。めっちゃ現金も貰えます。

これも、金銭感覚が崩れていく一種の儀式ですね。

東京なんて金持ちのレベルが桁違いなので、上京してきた人とかからしたら、

「あれ?この人頭大丈夫かな?」

みたいに感じるかもしれません。笑

現金100万貰っちゃうなんて子も中にはいらっしゃいます、、、

控えめに言って「夜職」最高すぎ

8つ目は、控えめに言って「夜職」最高すぎると言う事です。

こんなに自由も利いて、稼げて、承認欲求も満たされて、最高すぎますよ。

これだから、一回夜職にハマっちゃうと抜け出せなくなるんです。

ハマってしまうのが嫌なら、救助縄として、夜職以外のコミニュティに片足突っ込んでおいたほうが良いです。

昼職も並行してやるとか、夜職に全く関係ない友達と交流を取るとか、そうしていれば都度、俯瞰して夜職を見ることが出来るようになります。

のめり込むことは良いことですが、時々俯瞰して物事を見て見る癖もつけましょう!

以上で、夜職で働くメリット殴り書き紹介を終わります!

もしこれから、

「夜職で働きたい!」

「夜職で稼ぎたい!」

「どんなお店で働けば良いかわからない!」

みたいな方がいらっしゃいましたら、どうぞこの「夜職博士」にご連絡ください!

最高の貴方に合ったお店をご紹介いたします!

よろしくお願いします!

夜職博士







 

夜職博士

ABOUT ME
夜職博士
夜職博士
今まで1000人以上の女性を店舗紹介している「店舗紹介の専門家」です! 業種は全国の「メンズエステ」「風俗」「AV」「キャバクラ」「パパ活」です! 風俗や水商売が未経験の女の子でも0から詳しく教えていくので、相談だけでもLINEしてください♪